スーツの人

昔から続く国分建設なら安心して任せられる

災害などに気をつける

婦人

地盤を確認しよう

日本は地震大国と言われていますが、南海に一戸建て住宅を建てる場合は特に地震について意識をしなければいけません。なぜかといえば、南海地震が起こる可能性があるといわれているからです。日本は四つのプレートの上に乗っかっていますが、そのうち南海地方は3つのプレートが重なっている付近にあるため、大きな地震が発生しやすいのです。一戸建て住宅を建てる場合は、最近の技術で震度7にも耐えられるようになっていますが、建物だけでなく地盤がしっかりしていないとあまり意味がありません。一戸建て住宅を建てる前に、その建物が建つ土地の地盤について調査をした方がよいでしょう。基本的に軟弱地盤であれば地盤改良をおこなわなければなりません。

耐震性を強化する

住宅の耐震性を強化することも大事です。地盤を固めた後は、耐震性についてよく考えなければなりません。工務店やハウスメーカーの中には、耐震性を売りにしている業者も少なくありません。その中から選ぶとより良い暮らしをすることができるでしょう。もし、すでに住宅を建ててしまった場合は、耐震工事をすることで耐震性を強化することが可能になります。これから南海地方で一戸建て住宅を建てる場合であれば、従来工法よりもツーバイフォー工法の方が優れています。ツーバイフォー工法を専門的に扱っている工務店はそれほど多くありませんが、南海地方にも複数あるためそれらの業者を選んでみてもよいかもしれません。このように、災害について頭に入れて建築した住宅は、いざという時に役に立つでしょう。